FC2ブログ

児童開架スペースがおもしろい

長岡京市立図書館は、
我が家から電動自転車で15分ほどの場所にあります。
往復30分。
ちょっと行ってみようかと思うには、ちょっと遠い。

でも一度行くきっかけがあると、しばらく続きます。
先日借りた「ちっちゃいさん」を返しに行って、また借りてきました。

「からだ上手 こころ上手」  齋藤孝 著
aIMG_1494_convert_20181119113548.jpg
『「こころ」と「からだ」は分けられない。』という考えを元に、
「こころ」を遭難させないための、
コミュニケーション力を上げるための、
「からだ」へのアプローチなど書かれています。
『読み聞かせや音読が温かい「からだ」をつくる』
なんてことも書かれていて、
分かりやすく、なるほどと思うことがたくさんありました。

娘たちが大きくなった時、
心が遭難する前に読んでおくと良いな~と感じたので、
購入しようと思います。

こちらの本、図書館2階の児童開架スペースに置いていました。
2階は絵本や小学生向けの児童書ばかりかと思っていたのですが、
奥の方に大人も読めるおもしろそうな本がたくさんありました。




そして、面白かった本をもう1冊ご紹介。
「ミラクル・ファミリー」  柏葉幸子 著
aIMG_1491_convert_20181119112955.jpg
小学校高学年の子が読むような字の大きさの児童書です。
たぬきやきつね、神様などがでてくる短編のお話が9編。
すごくじわ~~っと染みる本です
子どもにこの大人の哀愁が分かるのかな・・・なんて思うくらい深いです。
読みやすい本ですので、機会がありましたら、ぜひ読んでみてください。


図書館の本は、バンビオで返すこともできるので、
教室の時についでに返すことができて便利な反面、
バンビオで返すと、また図書館への足が遠のくな~と悩むところでもあります。

二度目の出会い

本屋さんでふと手にとった絵本。
「あなたがだいすき」
aPC180997_convert_20171218105344.jpg

この絵本、ずっと以前に購入しました。
絵も文もやさしくて、「いいな~」と思って買ったと思います。
子どもに読み聞かせると言うより、自分用に。
なので、自分の本棚にしまっていました。

そして、久し振りに手にしたのは本屋さん。
ひらいて読んでみて、
娘たちのそばで読む自分の姿が自然に頭に浮かびました。
難しく考えることはない、ただただ「あなたが好き
それを読んで伝えられる本。
もしかしたら、買った頃は毎日毎日「だいすき」を伝えていられたので、
この本はそんなに必要なかったのかもしれません。
でも、娘たちも成長して、
心配して、怒って、イライラしている日々が増えてきた。
だからこそ、「だいすき」を言葉にして読む、
この本の言葉が以前より心に響くのかもしれません。

本屋さんでたくさんの本の中から、たまたま手に取った絵本。
二度目の運命の出会いでしょうか。
この絵本は、私の本棚から、こどもたちの本棚へと移動しました。
そして、時折、一緒に読もうと思います。

でも、できれば腕の中にすっぽり包んで絵本を楽しむ頃から、
読めればよかったな。
そんな風に思います。

一汁一菜

最近、私の周りで話題の本は、
「一汁一菜でよいという提案」という
料理研究家・土井善晴先生の本です。
aP2200601_convert_20170220052509.jpg

お料理のレシピ本ではなく、
食に関するいろんな考えを書いている本です。
「あ~」「なるほど~」と思うことがたくさん。

先日、味噌作りを開催しましたが、
味噌汁ひとつととっても、
家庭によっていろいろ。
味噌汁を具を少なめの「汁」ととらえるか、
具だくさんの「おかず」の一品としてとらえるか。

「一汁一菜」、私はこれで十分ですが、
きっと家族には物足りないですね。
家に合わせて、食事を作る。
そんなことを書いている本で、
読んでいると、いろんなことが腑に落ちる。
素敵な本です。


おやつめし☆

手にとって、迷わず買った本です。


我が家のためと言うよりは、教室でお出しするおやつの参考に。
でも、結局試食なんかで食べてもらえるんですけどね。
おいしそうに食べてくれると、教室用をついつい多目に作ってしまいます

おいしそうなおやつがたくさん載っています。
私が購入したポイントは、
  身体に良さそう
  おいしそう
  そして、材料と作り方がシンプル  です。

そんなおやつのレシピの合間のコラムもおススメです。
コウケンテツさん、失礼ながらお名前くらいしか知らなかったのですが、
かなりの子煩悩パパさん。
そんなパパさんの様子、
そして渾身の離乳食を食べてくれなかった・・・なんてお話し、
読んでいると、自然に笑顔になってしまいました。

私がよくお出ししているおやつとは少し違うテイストのおやつ。
おいしく食べてくれるかな~、気に入ってもらえるかな~と楽しみです。
早速、次回の大き目さん教室のおやつ候補がいくつかあるので、
お楽しみに

そして、教室の夏の人気のおやつメニューがあります。
   トマトのゼリー
   アボカドアイス
暑い夏にさっぱりした味に、どちらもとっても好評です。
今年は本に乗っていた「トマトのジェラード」も
新メニューとして登場させようと思っています。

こちらもお楽しみに




お出かけの季節

本屋さんで見つけて、買ってしまいました。

ママと子どものお出かけ本 関西版―”子どもが喜ぶ”はもちろん、ママが楽しい&ラクチンなお出かけ先。 (えるまがMOOK)ママと子どものお出かけ本 関西版―”子どもが喜ぶ”はもちろん、ママが楽しい&ラクチンなお出かけ先。 (えるまがMOOK)
(2012/03/15)
京阪神エルマガジン社

商品詳細を見る


子どもと一緒に遊ぶためのお出かけ本は何冊か持ってます。
が、
子どもと一緒においしく楽しく食事ができる場所の情報って
案外少なくて・・・・。

娘と外で遊んだり、何か見に行ったりすることは好きですが、
ちょっとおしゃれなお店だったり、
食事に時間をかけ、ゆっくりすること、
あんまりそういうことに興味はない主人。

ゆっくりランチを食べに行きたいな~
とたまに思ったりするけど、場所がなかなか見つけられない。

そんな私にぴったりな本でした。
題名も「ママと子どもの・・・・」

実際に行けるかどうかはわかりませんが、
見ているだけでもとっても楽しい。

近所は少ないのは現実ですが、
遊びに行きがてら、寄り道もできるかな~
なんて、楽しんでいます。

子どもがいると行きにくい場所もあるけれども、
子どもと一緒だからこそ楽しめる場所もあります。
せっかくだからこの時期いっぱい楽しみたいです。

また、行って来たらご報告しますね~





プロフィール

山口 まゆみ

Author:山口 まゆみ
京都府長岡京市を中心にベビーマッサ-ジ教室を開催しています。
◆KAF認定ラヴィングベビータッチ
     インストラクター
     (ベビーマッサージ)
◆petapeta-art®アドバイザー
◆HPS認定プロフェッショナル
       アロマセラピスト
◆NRC自然療法研究所認定
     ハーブコーディネーター
◆アロマ・フランス認定
        クレイテラピスト
◆薬剤師

ベビーマッサージ教室

長岡京市の自宅、中央生涯学習センターでベビーマッサージ教室を開催中です。 ワイワイ楽しくしていますので、お気軽にお越しください。 赤ちゃんとお母さん、みんなであったかい時間を過ごしましょう。 詳細はブログ内の「教室のご案内(http://tetearoma.blog10.fc2.com/blog-category-7.html)」をご覧下さい                       ご予約・お問い合わせの連絡先:  tete_aroma1101@@yahoo.co.jp                  (@を1つはずして送信し下さい)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ