FC2ブログ

「赤ちゃんの眠育とタッチケア講座」

お天気のよいなか、気持ちよく電車にのって、
明石まで講座を受けに行ってきました。
aDSC_0972_convert_20191117065131.jpg

ママとベビーの教室 heart note」の宮井文美さんが講師の
「支援者向け赤ちゃんの眠育とタッチケア講座 」

『眠育(みんいく)』ってなんだろう??
そんな始まりから申し込んだ講座です。

文美さんの講座から学んだ『眠育』は、「睡眠を大切にする育児」でした。
睡眠がどんなふうに脳や体に影響するか。
よい眠りのために、どんな風なお手伝いが出来るか。
a75066646_768604930234009_1382068377899499520_n_convert_20191117065113.jpg
「寝る子は育つ」と言われるように、睡眠はとても大切です。
我が家も体調が悪そうなら、まずは「寝てなさい」と言います。
いつもより早目にお布団に入るようにさせます。
そうすると、翌朝には何事もないように
元気に起きてくることを何度も経験しています。
そんな経験を、理論としてお話ししてもらい、
みんな「お~~~」がいっぱいでした。

午後からは、タッチケアの実践も。
a74693300_434049850617436_6947660830267670528_n_convert_20191117065102.jpg
触れてもらうことが心地よく、眠ってしまいそうです。

このあと、最後にみんなの質問タイム。
それぞれのフィールドが違うので、聞くお話が新鮮だったり、
参加者同士で意見交換ができたり、
休憩中もですが、話が尽きなくて、楽しい時間でした。
「明石まで来て良かった・・・・」そう思わせてくれる満足感が、
「私の教室に来てくれる方にもこんな風に思ってもらいたい
というモチベーションになります。


日本人は睡眠時間が少ないようです。
『OECD(経済協力開発機構)が2014年に行った国際比較調査のうち、
 各国の15歳~64歳までの男女の睡眠時間を比較すると、
 最も長い南アフリカの9時間22分と比べ、
 日本人は男性・女性ともに睡眠時間が8時間未満と、
 1時間30分以上も短いことが分かる。』 という記事がありました。
2014年の調査で、日本人の平均睡眠時間は7時間43分。
最新の調査では7時間22分とさらに短くなっているようです。

7時間も寝ていたら十分じゃない
そんな風に思ってしまいます・・・・
が、『睡眠』に対する意識を変えて、大切にしてみると、
案外、今より心地よい生活が送れるのかもしれないな。と思ったり、
赤ちゃんだけでなく、大人の睡眠について考えた講座でした。

また教室でもみなさんとお話が出来たら良いな~と思っています。



言葉を繋ぐ

11月になりましたね。
2019年ももうすぐ終わり。
そして、あっという間に2019年度も終わりますね。

お引っ越しだったり、育休が終わったり、
だんだんと教室でお会いする方たちとのお別れも増えてくるので、
寂しくなってくる季節でもあります。

寂しくなりますが、出会いに感謝する気持ちで、
温かい気持ちでいっぱいになります。

私も含め、日々頑張っているお母さんたち。
先が見えないから不安な気持ちが大きくなります。
そんな先がチラッと見えるような、
先輩のお母さんたちから頂いた教室の感想をご紹介させていただきます。

今日からMの慣らし保育が始まりました。
お迎えに行くと泣いていて、帰ってからもグズグズ…
いっぱい「ぎゅっ」としたけど、なんかもっと触れたい!と…
「ぞうきんの歌」をしてあげるとニコニコ笑顔になりました。
なんか、今日は半泣きになりながらMに触れてました。

ベビーマッサージを教えて頂いてて本当に良かったと思いました!!


他にもお母さんの声をたくさん頂いています。
私の、教室のパワーの源の1つです。
が、私にだけでなく、
お母さんの歩みを始める方へのエールになるかもしれません。
お母さんたちの温かい言葉を
頑張るお母さんたちに繋いでいけたら良いなと思います。

a148_convert_20190702053852.jpg




矛盾は不思議

赤ちゃんは、できないことがいっぱい。
言葉を紡ぐことはできないし、
見えている世界はぼんやり、
自分の意思で体を動かすことができるようになるのもゆっくりと。
生まれて間もない頃は、そんな意思もあるんだろうか。
そんな風に考えてしまう赤ちゃん。
できないからこそ、守ってあげるべき存在。

でも、教室でたくさんの赤ちゃんと一緒に過ごさせてもらっていると、
たくさんたくさん「分かってるよ」ということを伝えてくれます。

喋りっぱなしの私の声に反応して、お顔はこちらを向けてくれます。
一緒に声を出してくれる子もいます。
初めましての挨拶の時は、
あまり興味のなさそうだったり、不安そうなお顔が多いですが、
教室が進んでいくことで、
お母さんの手と声に交じる私の声も馴染んでくるのか、
自分の感情をどんどん出していってくくれるようになります。
教室2回目になると、ぐんと表情が変わる。
1ヶ月の前のこと覚えてる

赤ちゃんは、できないことがいっぱい。
だから、たくさんコミュニケーションをとり、
いろいろな感覚を心地よく刺激し楽しみながら、
成長・発達をお手伝いすることが必要です。

一方で、赤ちゃんはいろんな気持ちを知っている。
大人以上にシンプルに感じて、素直に表に出してくれる。
私たち大人が赤ちゃんから学ぶことも多いです。

赤ちゃんは、やさしく大きく包むべき存在ですが、
気がつけば、やさしい気持ちで私たちが包み込まれていると感じさせてくれる存在。

矛盾する存在だけれども、そこが赤ちゃんの不思議

「はい、どうぞ」とRちゃん。
aIMG_9690_convert_20191004112946.jpg
ほんの数秒、心を、目をむけて受け取る。
簡単だけど、家ではついつい、心ここにあらずの返事になったりします。
この後、しっかり目を見て「ありがとう」と言うと、満足そうなお顔。
この数秒の大切さを教えてくれます。

ベビマも終わりの頃、お母さんの手をじっと見つめるKちゃん。
aIMG_9385_convert_20191004113010.jpg
このお手々が気持ちよかったね。
この手でどこをマッサージしてもらおうか、思案中のようなKちゃん。
そこからお母さんとKちゃんのコミュニケーションが膨らみます。

おうちでも、教室でも、
赤ちゃんの不思議をいっぱい楽しみましょう


タッチケア講座で充電♪

久し振りに明石まで、タッチケアの講座に参加してきました

今回参加した講座は
「ダウン症の赤ちゃんのタッチケア講座」
講師は、「ママとベビーの教室 ハートノート」の宮井文美さん
a69926833_1690126064453317_227972491794972672_n_convert_20190909054631.jpg
ダウン症の赤ちゃん・・・・ということではありますが、
文美さんの話には、どの赤ちゃんにも通じるものがあります。

できる喜び、楽しさを赤ちゃんと、お母さんと共有したい。
そんな愛情がたっぷりこもった講座です。
a70251701_342034066509519_2286805227371757568_n_convert_20190909054702.jpg
真剣に聞いているのですが、聞いててワクワクしてきてしまい、
「良い笑顔で聞いてくれてるけど、質問ある
と当てられてしまいました

今回の講座は、何度も講座に参加させてもらっている
ベビーケアハウス honoka」の佐藤千穂美さんがお隣の席で、
緊張しつつも、やっぱりうれしくて、
休憩中、なかなか講座の時にはできない世間話をさせてもらって、
贅沢な時間を楽しみました
a70378986_447864272485029_3340267311016706048_n_convert_20190909054714.jpg

「学ぶこと」よりも難しいのは「伝えること」
文美さんや、千穂美さんの講座では、
毎回、そんなことを自問自答しながら帰ります。
(なので、帰りはあっという間に着いてしまいます)

いろんな引き出し持って、ちゃんと整理して、
必要なときにいつでも出せるように、
日々思い返していこうと思います。

成長をともに喜ぶ、楽しむ

4ヶ月のIちゃん、
抱っこ大好きでゴロンと寝転ぶと涙に・・・。
そんな教室タイムが続いていました。
お母さんは、上のお子さんの時にも教室に来てくれていました。
涙のIちゃんの様子を見ながら、お母さんと、
「もう少ししたらこんなことも無くなるだろうね~」と話していました。
そして、今月のレッスンで、
涙無く余裕で教室の時間を過ごしてくれました。
うれしいけれども、まだもう少し甘えて欲しかったな~、
なんて、ちょっぴり贅沢なさみしさ感じます。


ベビマ教室卒業したRくん、今年、年長さんです。
2年ほど前でしょうか、
「幼稚園のバス停まで、なかなかまっすぐ行ってくれなくて、
 乗り遅れることもあったり、毎日大変なんです~」という話しに、
「幼稚園はバスに乗って欲しいて言ってる?
 お母さんはどうしたい?」
「幼稚園は、乗れなくても何も言われないです。
 そのうち、なんとかなるかな・・・・」と。
「私もRくんならそのうち大丈夫だと思うよ
 今は大変だけどね」という話をしました。
そんなRくんも今は、
妹ちゃんに「幼稚園行くよ」とバス停まで手を引いて行っているそうです。


ベビマ教室の中で、ベビマ教室のご縁で、
一緒に子供の成長を感じ、
嬉しいな、楽しいな、面白いなと感じさせてもらっています。

電車や出かけ先で偶然お会いできたときも、
短い時間ですが成長した姿を見られて、とても嬉しく思っています。

ベビーマッサージ教室は
ベビマのやり方をお伝えするだけではありません。
かわいいお子さんの成長を喜び、楽しみ、
お母さんの心配する気持ちを和らげ、
お母さんの赤ちゃんへの愛情を増幅してもらう。
そんな場所でもあろうと思う春の日です。

aDSC_0648_convert_20190424121051.jpg



プロフィール

山口 まゆみ

Author:山口 まゆみ
京都府長岡京市を中心にベビーマッサ-ジ教室を開催しています。
◆KAF認定ラヴィングベビータッチ
     インストラクター
     (ベビーマッサージ)
◆petapeta-art®アドバイザー
◆HPS認定プロフェッショナル
       アロマセラピスト
◆NRC自然療法研究所認定
     ハーブコーディネーター
◆アロマ・フランス認定
        クレイテラピスト
◆薬剤師

ベビーマッサージ教室

長岡京市の自宅、中央生涯学習センターでベビーマッサージ教室を開催中です。 ワイワイ楽しくしていますので、お気軽にお越しください。 赤ちゃんとお母さん、みんなであったかい時間を過ごしましょう。 詳細はブログ内の「教室のご案内(http://tetearoma.blog10.fc2.com/blog-category-7.html)」をご覧下さい                       ご予約・お問い合わせの連絡先:  tete_aroma1101@@yahoo.co.jp                  (@を1つはずして送信し下さい)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ